余裕をもって準備しておきたい「修繕積立金」の基礎

修繕積立金とは何なのか

集合住宅を借りるなら知っておくこと

修繕積立金と、管理費の違いが具体的に分かっていない人が多いです。 この機会に、何が違うのか調べてください。 必要な時に修繕積立金が無いと、工事が遅れるので入居者が減る原因になります。 結果的に、自分の収入も減ります。 集合住宅を管理する時は、必ず備えましょう。

物件を修理する時に使うお金

マンションやアパートを管理する場合は、修繕積立金を用意しなければいけません。
簡単に説明すると修繕積立金とは、物件が壊れて修理が必要になった時に、使われるお金になります。
前もって修繕積立金を支払うことで、急に壊れてもスムーズに対応できます。
ですが集合住宅を管理する時は、管理費も準備しておかなければいけません。
管理費と修繕積立金は、何が違うのでしょうか。
文字だけ見ると、2つは同じ存在に感じると思います。
しかしそれぞれは全く異なるので、きちんと管理費と修繕積立金を用意しておきましょう。

管理費は、水道が壊れたり電球が切れた時に交換するために使う費用です。
集合住宅を管理するために、必要なお金だと考えて良いでしょう。
修繕積立金は、それよりも大がかりな工事をする時に使います。
物件が崩壊しているのでリフォームをしたり、エレベーターを搭載したりする時に使用します。
工事をする際は、かなり高額な費用が必要になります。


前もってお金を用意していないと、リフォームしたいと思ってもできないでしょう。
物件が壊れて今すぐ工事をしなければいけないのに、お金が足りないことが原因で実行できなかったら困ります。
すでに集合住宅で暮らしている人が何人かいると思いますが、壊れている部分を放っておくと退去してしまいます。
みんなが安心して暮らせるように、いつリフォームしても良い準備を整えておきましょう。
そのために、修繕積立金があります。

どのくらい徴収すれば良いのか

集合住宅を修理する時に、どのくらいの費用が必要になるのでしょうか。 価格の相場があるので、毎月貯金すれば良い金額を知ってください。 計画的にお金を蓄えることが大事だと覚えておきましょう。 早めに貯金を開始していれば、余裕を持ってリフォームの依頼ができます。

新しい物件と古い物件

アパートやマンションを買う際は、新築が良いのか中古が良いのかで迷うと思います。 どちらにもメリットやデメリットがあるので、修繕積立金のことを考慮して決めてください。 ちゃんと考えれば、自分に合っている方が分かると思います。 焦って購入してはいけません。

TOPへ戻る