修繕積立金とは何なのか

どのくらい徴収すれば良いのか

リフォームする時に必要な費用

大抵は、1回のリフォームにつき100万円前後が必要です。
ですから、修繕積立金はそのくらい蓄えておきましょう。
壁や床、屋根など尾全体的に壊れている場合は、全てをリフォームしなければいけないかもしれません。
その際は、200万円や300万円という金額が発生します。
簡単に支払える金額ではないので、戸惑う人も多いでしょう。

しかし、集合住宅を管理し始めてすぐに修繕積立金が必要になることは少ないです。
管理して、5年や10年が経過しないと壊れないので安心してください。
リフォームの相場価格は。100万円前後だと覚えておきましょう。
その金額を目標にして、貯金を開始してください。
集合住宅を管理しようと思った時から貯金すると、早く用意できます。

毎月貯金すれば大丈夫

万が一の事態に備えて100万円ほど準備するためには、毎月10000円から20000円ほど貯金すれば大丈夫です。
建物が建設されてからどのくらい経過しているかによって、リフォームの規模や崩壊するまでの時間が異なります。
最初に建設されてからかなり年数が経過している集合住宅を購入した際は、毎月貯金する金額を多めにしてください。

自分が思っていたよりも早く、リフォームが必要になるかもしれません。
新しい集合住宅を購入した際は、10年ぐらいが経過しないと壁や床が壊れる事態にはなりません。
修繕積立金のことを考えて、どの物件を購入するか決めても良いでしょう。
中古の物件が良いと言われますが、古すぎると早く修繕積立金を使うことになります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る