修繕積立金とは何なのか

新しい物件と古い物件

新築の物件を購入する注意

まだ建設されて間もない物件は、綺麗ですが価格が高いです。
お金に余裕が無い人は、選択しない方が良いでしょう。
しかし、修繕積立金を蓄えるための時間がかなり長いという面がメリットになります。
新築なら、購入してすぐ床や壁が壊れることはありません。
購入してから、10年くらいが経過しないと、大がかりな工事が必要になる機会は訪れないでしょう。

ですから購入する段階で高額な料金を支払ったとしても、計画的に貯金を積み重ねていれば大がかりな工事が必要になった時まで間に合います。
新築は綺麗なので、そこをアピールポイントにすれば入居者を集めやすいです。
最初に少し頑張って、新築のアパートやマンションを購入しても良いでしょう。

昔に建設された建物

建設されてから時間が経っている物件を、中古と呼んでいます。
新築に比べて、価格が安い部分がメリットになります。
お金に余裕のない人は、こちらを選択する傾向が見られます。
初期費用が少なくなりますが、あまりにも古い物件の場合は、すぐにっ修繕積立金が必要になるかもしれないと忘れないでください。
早めに修繕積立金を用意して、万が一の事態に備えてください。

古いので、どうしても新築より早く壊れてしまいます。
年数によっては、購入して3年足らずで壁や床が壊れるかもしれません。
安く販売されていても、古すぎる物件は避けた方が良いです。
古すぎると汚い可能性があるので、入居者はそこで暮らしたいと思いません。
入居者を増やすのにも一苦労します。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る